岡山市の出張写真撮影

岡山市の出張写真撮影カメラマン依頼・予約19,800円〜

出張 カメラマン 岡山市

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは岡山市でのプロカメラマン(写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いなどの家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 写真

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 写真 依頼

 

≪地域情報≫

岡山市(おかやまし)は、中国地方の南東部、岡山県の南東部に位置する政令指定都市で、同県の県庁所在地である。

ロケーションフォト 岡山市

 

●概要
全国的には桃太郎の伝説と吉備団子や西大寺会陽(裸祭り)、温暖な瀬戸内の気候により育まれたマスカット・オブ・アレキサンドリアや白桃など高級フルーツの産地として有名な都市である。中心部には岡山城や日本三名園の一つである後楽園を擁している。岡山藩池田氏の城下町として栄えた江戸時代以来、地域中心都市として発展してきた高層ビルの立ち並ぶ中心部と、閑静な田園や中山間地域が広がる郊外部を持っている。

 

また古くから学都としての趣を持ち、明治期から戦前の昭和期にかけて旧制第六高等学校(中国四国地方唯一のナンバースクール)、旧制岡山医科大学(中国四国地方で設置された初めての大学)、旧制岡山農業専門学校、旧制岡山農業研究所、旧制岡山師範学校、旧制清心女子専門学校などが開校された。現在でも市街地中心部に数多くの大学や専門学校が存在し、学都としての性格をより一層強めている。

 

中四国のクロスポイントとして、1980年代以降の瀬戸大橋の開通、JR線の四国との直通化、山陽自動車道の開通に伴い交通インフラが急速に整備され、岡山都市圏は周辺都市圏と共に東瀬戸経済圏として成長してきた。

 

2005年以降、周辺4町と合併したこともあり、人口は70万人を突破した。2009年4月1日には政令指定都市に移行し、北・中・東・南の4行政区が設置された。

 

●気候
北を中国山地、南を四国山地に挟まれた瀬戸内海沿岸部に位置するため、典型的な瀬戸内海式気候に分類される。日照時間は年間約2000時間と長く、年間降水量は1100mm程度と雨・雪は全国的に見て非常に少ない。冬季は1月平均気温が4.9℃と関東以西の太平洋沿岸ほどは温暖ではなく比較的寒くなり、朝晩は氷点下まで下がることも少なくないが、積雪はほとんどない。一方、夏季は瀬戸内海の影響で酷暑となり、猛暑日になることも多く、同じ規模の都市の中では特に熱帯夜日数が多い。1989年以降、降水量1mm以上の降水日数が全国の県庁所在地では最少であるため、「晴れの国」をキャッチフレーズとしている。

 

なお、岡山地方気象台は都市部にある官署地点の中では、1961年?1990年平年値と比べると気温の上昇が比較的緩いものの、1982年10月1日の移転前は、観測場所は岡山大学に近い津島桑の木にあり、現在の地点の観測(岡山市桑田町)よりもヒートアイランドの影響を受けにくく寒冷であった。

 

●交通・通信
・鉄道
岡山駅を中心に放射状に鉄道路線が延び、市内のほとんどの主要地域と結ばれているなど、鉄道網は充実している。特にJR発足以降は、国鉄時代の列車型ダイヤから都市圏輸送に重点を置いたものになり、合わせるように沿線人口の多い山陽本線には徐々に駅が増えている。2005年10月1日に山陽本線の岡山?庭瀬間に北長瀬駅、2008年3月15日には高島?岡山間に西川原駅が開業した。
今後の計画として、JR吉備線のLRT化構想等がある。

 

・軌道
民営の岡山電気軌道が運行している。2路線、合計総延長4.6kmと日本でもっとも短い路面電車で、岡山駅前から表町や県庁のある旧城下町を中心に路線がある。1日に約1万人が利用し、市民の足として定着し黒字経営を続けている。

 

今後の展望として岡山駅東口駅前広場への乗入れ、市役所筋を南下し市役所のある大供(だいく)から岡山大学病院もしくは大元駅までの延伸、または大供から東の清輝橋線・大雲寺前を結ぶ環状化などの新線構想がある。

 

同時に市役所筋をトランジットモール化する構想もあり、車線減少に伴う交通渋滞の影響を調査する社会実験が行われたことがある。また、LRT化を予定しているJR吉備線との相互乗り入れが岡山電気軌道とJRとの間で既に合意されている。しかし、いずれも建設資金の負担に関して行政側と企業側で折り合いがつかず、計画は進んでいない。

 

・路線バス
民営バス数社がエリアを分けて運行し、公営交通(市営バス)の運行実績はない。路線は岡山駅東口のバスターミナルと天満屋バスステーションを中心に放射状に路線網が形成されている。また、岡山駅西口バス乗り場が2010年4月24日に開設、岡山駅から北西方面の路線バスと高速、観光、空港リムジンバスが発着している。

 

八晃運輸が乗車方法が前乗り後ろ降り先払い、運賃が均一運賃制である以外は、乗車方法は後乗り前降り後払いで、運賃は整理券による対キロ区間制である。なお、岡電バス・東備バス・両備バス・下電バス・宇野バスでは非接触ICカードであるHarecaを採用しており、中鉄バスの一部路線も含め共通に利用できる。一方、中鉄バス(一部路線)・備北バスは各々専用のバスカード(プリペイドカード)を発行している。Hareca導入各社(宇野バスを除く)はスルッとKANSAI協議会に加盟しているため、PiTaPaとICOCAも使用できる。

 

・一般国道
岡山市において広域的な移動軸となっている幹線道路は南北方向が国道30号と国道53号、東西方向が国道2号バイパスと旧国道2号(現国道250号、岡山県道162号岡山倉敷線)、北西方面が国道180号である。特に国道2号バイパスは岡山市を東西に貫く幹線道路のうちで唯一4車線以上の道路であり、なおかつ旭川や百間川などの大規模河川を渡っていることもあって、多い場所で一日10万台以上が通過する。